さまざまな行事

さまざまな行事

体育活動遠足・宿泊行事文化行事クラブ活動児童活動国際交流特色ある活動

体育活動

 春は新緑の下、短距離走やリレー、長距離走と幼稚舎のグラウンドを走ります。都会ではめずらしいグラウンドの真ん中に立つケヤキが大きく枝葉を伸ばし、幼稚舎生に涼しくて気持ちのよい木陰をプレゼントしてくれます。

 夏は水泳一色に染まります。幼稚舎の水泳教育は、危機的状況の中で水の怖さや、水から身を守る術を身につけることを目標としています。児童も教員も皆で1000m完泳を目指し、卒業までには全員が完泳します。それは、単なる目標に留まらず、どのようにチャレンジするか、水とどう接するかを学び、幼稚舎生の誰もが水を恐れることなく楽しみ、大切にし、ひいては人生を豊かにしていくことにつながります。また、着衣泳や安全水泳、水難救助法にも力を入れ、人を助ける術も学びます。

 秋は運動会や体力測定、校内大会と行事が続きます。運動会では徒競走やクラス対抗競技、リレー、マスゲームなどで力いっぱい身体を動かし、心を躍らせます。3年生からはドッジボールやフットベース、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、バレーボールと学年ごとにクラス対抗の校内大会を楽しみながら、フェアプレーの精神を学び、心身共に鍛錬します。

 冬は全校で毎朝の駆け足、縄跳びの記録作りが盛んです。一人ではつらいことも友達や仲間と一緒にする楽しさや喜びを覚えます。縄跳びでは、記録への挑戦、それに繋がる達成感から、元慶應義塾長である小泉信三の言葉「練習は不可能を可能にする」を体得する場を設けています。

 自分の力を発揮して社会を先導する人となるには、まず強靱な身体が必要です。体育の授業時間だけでなく、学年ごとに割り当てられている運動時間や始業前、昼休み、放課後と四季折々の運動やスポーツを通して友達を思いやる心、協調する姿勢が生まれます。さらに、校外活動においても心身を鍛える行事があります。4年海浜学校でのミニマラソンや5年高原学校、6年高原学校で行われる登山など、都会ではできない体験も味わいます。

遠足・宿泊行事

1・2年

 幼稚舎の校外活動はとても盛んです。春先には多くの学年が遠足に出掛けます。1年生は毎年、日吉キャンパス内を歩きます。2年生は年度ごとに目的地を選んで出掛けます。

3・4年

 3年生になると初めての宿泊行事があります。秩父や立科などで1~2泊し、集団生活の基本をしっかりと身につけます。4年生は千葉県館山で4泊5日の海浜学校を行います。これは1967(昭和42)年から始まった伝統行事で、貝殻の採集や磯の生物の観察、ミニマラソン、砂山で遊ぶなど、楽しい行事がぎっしりと詰まっています。

5・6年

 5年生は初秋、6年生は初夏にそれぞれ長野県立科にある慶應義塾の山荘で高原学校を行います。1週間以上の集団生活の中で、登山やキノコ採集、校内大会(ソフトボールやバスケットボール、バレーボール)、縄文風土器の野焼き、地元の福祉施設の訪問など、東京ではできない数々の体験をしています。これら長期の宿泊行事を経て、クラスの仲間同士の結束はより強くなり、また集団の中での振る舞いや規則正しい生活を身に付けていきます。帰京した子どもたちからは、確かな成長を感じることができます。また、6年生は卒業間近に5泊6日の修学旅行に出かけます。

文化行事

作品展

 2学期が始まって間もない9月下旬には、運動会や学習発表会と並んで幼稚舎の大きな行事の一つである作品展が開催されます。作品展では、1年生から6年生までの各教室に、そのクラスの児童たちの作品が展示され、学校全体が美術館のようになります。作品は、児童たちが夏休み中に自由に作ったもので、分野は立体オブジェや絵画、書道、手芸、観察日記、研究レポートなど多岐に渡ります。どの作品からも幼稚舎生の感性や創意工夫が垣間見られ、じっくり時間をかけて、自分の好きなことに取り組んだ成果が表れています。作品展はそれらを観て楽しむ幼稚舎生にとって、互いに認め合える共感の場になっています。

音楽会

 12月上旬に行われる音楽会には、4~6年生が参加します。音楽の授業で学び、練習を重ねてきた二部合唱や器楽合奏の成果を発表します。平成26年度には、創立140周年を記念して全学年による音楽会を行いました。低学年の部では、幼稚舎生のために作曲された多くの歌曲から6曲を披露しました。音楽会は、心の成長や豊かさをもたらす大切な機会として、幼稚舎の初冬の風物詩になっています。

学習発表会

 年度末を控えた2月下旬に、学習発表会が催されます。学習発表会は、幼稚舎のもっとも大きな、そして大切な行事の一つで、全学年が参加します。1年生が歌詞を6番まで覚える『福澤諭吉ここにあり』の大合唱には、大きな拍手が送られ、自尊館全体に一体感が生まれます。2・3年生は各々の学年が考えた劇を行います。5・6年生は、所属しているクラブの活動を通して自尊館の舞台で発表したり、グラウンドや体育館で実技を発表したりします。図書室などで展示発表をするクラブもあります。学習発表会は、幼稚舎生一人ひとりの成長を披露する、年度の締め括りを飾るにふさわしい「舞台」となっています。

クラブ活動

 幼稚舎には、多くのクラブがあり、5・6年生を対象として週1回の活動をしています。幼稚舎では、教員が各自の得意分野を生かして、自分の開きたいクラブを開いてよいという慣習があり、ラグビー部や野球部、テニス部、演劇部、器楽部などの他に、小学校にはあまりない、ラクロス部、クライミング部などがあります。運動部は個人の技術習得を中心に、私学体育発表会や他校との交流試合などに向けた練習に励んでいますし、文化部は学習発表会での発表などに向けて熱心に取り組んでいます。また、校外活動もさかんで、夏休みなどを利用して、合宿を行うクラブも多くあります。

 クラブ活動は、クラスや学年を越えた仲間と交流する重要な場です。これらの活動を通して、クラスの中では見られなかったお互いの長所を発見し、伸ばし合うことができます。6年生は、新入部員である5年生に対して、良い先輩としての振る舞いを学び、最高学年としての責任と気概を自覚する機会にもなっています。

児童活動

 6年間担任持ち上がり制といっても、児童たちは、クラスの中にだけ収まっているわけではありません。自分の興味に合わせた自主的な活動に低学年から参加しています。例えば、「あみもの会」「おはなし会」などです。希望者が専門の教員について編物を習ったり、古今東西の話を聞かせてもらったりしています。

 さらに一歩進めて、学校や幼稚舎生の役に立つことをしようという自治的・奉仕的な活動に「児童活動」があります。多くの活動は、委員会という名で児童が主体的に関われるよう運営されています。例えば、ユニセフや歳末たすけあい募金の呼び掛けは「クラス委員会」の児童が文章を作り、朝礼で呼び掛けたり、低学年の教室へ呼び掛けに行ったりしています。また、EPC(環境問題委員会)は、牛乳パックやペットボトルのふたを自主的にリサイクルしようとする児童の要望から作られた委員会です。また、これらの委員会で決まったことを全校児童に知らせるために、月に1度「児童活動朝礼」を行い、各委員会に普段の活動を発表してもらう機会を設けています。児童活動朝礼は校内のテレビ放送を使って、YNS(放送委員会)が司会進行し、コンピュータ委員会がビデオカメラを担当する、子どもたちによる子どもたちのための活動と言えます。

 児童の自主性を重んじた活動は他にもあります。運動会や作品展、学習発表会の際に玄関に飾る看板も、児童のデザインをもとに作られています。4月のオープン卓球大会、1月の新年カルタ会や2月末の漢字読み大会、3月のオープンテニス大会なども自由参加で、自ら挑戦しようという気持ちを大事にしています。

 このように、幼稚舎では、児童一人ひとりが様々な場面で自らの意思で参加して行動することを願い、主体的・自発的な活動を促しています。

国際交流

 幼稚舎では、希望者を対象に3つの国際交流プログラムを行っています。1つ目は、イギリスのオックスフォードにあるドラゴンスクールとの交流です。ドラゴンスクールとは1995(平成7)年から交流が始まり、2015年で20年目を迎えます。毎年春には、6年生12名程度がイギリスを訪れ、ドラゴンスクールの児童の家庭にホームステイをし、授業に参加します。秋には、ドラゴンスクールの児童が、幼稚舎生の家庭にホームステイをします。2つ目は、4年生から6年生までの有志を対象とした、アメリカのニューヨーク郊外で開かれるモホーク・デイ・キャンプに参加するプログラムです。慶應ニューヨーク学院の寮に宿泊し、アメリカの子どもたちに交じって、様々な活動を楽しみます。6年生は、最後の1週間でワイルドキャンプにも参加し、アメリカの大自然を満喫します。そして3つ目は、8月末にイギリスで行われる6年生対象の英国サマースクールです。8名の児童に1名のイギリス人の教員がつき、教室で英語の勉強をしたり、英語を使ったフィールドワークをしたりします。このような国際交流プログラムを通して、語学だけでなく、異文化を学ぶことにも力を入れています。

特色ある活動

 幼稚舎では多くの特色ある活動も行っています。「ヤゴ救出作戦」では、オフシーズンのプールに生息するヤゴの調査活動をします。毎年1000匹以上のヤゴを捕まえ、学校のプールという身近な場所が生物教育や環境教育の場となっています。

 その他、児童が自由に参加できる活動として、毎年3月に静岡県の修善寺にある「幼稚舎の杜」へ出掛け、植林をする行事があります。夏休みに行われる「福澤先生のゆかりの地を訪ねる旅」では、福澤諭吉が若い頃に勉強をした大阪・中津・長崎を訪れます。また、福澤が横浜の地で世の中がオランダ語から英語へ移り変わった様を目の当たりにしてショックを受けたというエピソードに基づき、築地にある慶應義塾発祥の地から横浜までを歩く「36kmウォーク」や、千葉県館山での6年生遠泳合宿、長野県志賀高原熊の湯や北海道音威子府での5年生スキー合宿も行っています。

TOP